読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

ナカシマ糸魚川店のケーキは味も多彩で種類を楽しむのもオススメ!

先日、糸魚川市にある「新潟スイーツ・ナカシマ」糸魚川さんに行ってきました(^▽^)

以前からネットで調べていたお店で、店内の喫茶スペースでいただいたいちごパフェもすごく美味しかったので、おみやげ(後日食べるモノ)を買って帰ることにしました(笑)

それがこちらの、様々な種類があるケーキです(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235705j:plain

袋を開けてみるとこんな感じです。

スポンジ自体に弾力はあまりないのですが、ケーキの生地は美味しかったです(^-^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235736j:plain

チョコ系や抹茶系など、色々な種類があったので、幅広く楽しんでみると良いとおもいます。

お仕事の休憩時間などに食べやすいサイズなので、忙しい合間の糖分補給などにもオススメです。

こういうスポンジケーキって、どういうアングルから撮影すると美味しそうに感じるかな?

視覚的な情報から美味しさを伝えるのはけっこう難しいモノですね(^^;)

糸魚川のスイーツ屋さん。 お土産で各種ケーキを買ってきました(^_^)v #糸魚川の街も元気

web-ya-kiyoshiさん(@web.ya.kiyoshi)がシェアした投稿 -

同じ日にナカシマさんに行ったときの、ほかのメニューの記事もご紹介します(^^)

myoko-joetsu-diary.hatenablog.com

詳細は、新潟スイーツ・ナカシマさんの公式サイトがありますので、そちらからどうぞ(^▽^)

www.okasi-nakasima.com

新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」と亀田製菓の「勝ちの種」はアルビ勝利の祝杯にピッタリ!

私はスポーツの試合を見るのも好きです。

なかでも、サッカーのアルビレックス新潟Jリーグの試合で勝利した日には、新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」と、亀田製菓「勝ちの種」で祝杯を挙げるのが以前からのマイブーム(?)です(^▽^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170419000000j:plain

2004年からJ1に活躍の場を移して、2017年でなんと「連続残留14年目」だそうです。

これは、1993年のJリーグ開幕年からトップリーグに在籍しているチームを除けば、なんと最長記録とのこと(゜д゜)!

2015年・2016年は18チーム中15位と、残留ラインギリギリの戦いが続くアルビレックス新潟ですが、なんとか勝ち点を重ねて、少しでも上の順位を目指して欲しいと思っています(^-^)

そして、今シーズンは1回でも多く、風味爽快ニシテと勝ちの種で祝杯を挙げられたらいいな(^-^)

そんな風に思っています。

最後に、アルビレックス新潟の公式サイトへのリンクを貼っておきます(^▽^)

そういえば、2017年のキャプテンの大野和成選手は、上越市出身なんですよね〜。

アルビレックス新潟 公式サイト|ALBIREX NIIGATA OFFICIAL WEBSITE

東京駅で「駅ナカランチ」牛ひれステーキ丼いただきました!

先日、東京に行ってきたときのこと。

帰るまでにしばらく時間があったので、東京駅の改札を出てすぐの飲食店街で、ランチをとることにしました(^▽^)

私が食べたのが「牛ヒレ丼定食」です!!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235214j:plain

丼も割と大きめだったのですが、そこに豪快に敷きつめられたレタスと牛肉(^-^)

肉好きさんにはたまらない逸品だと思います。

場所は東京駅の銀の鈴のそばの改札を出て、つながりになっている飲食店街の一角です。

他にも色々なお店が建ち並んでいるので、皆さんも東京に行かれたときは駅ナカグルメを楽しんでみてください(^^)/

Instagramにも牛ヒレ丼をアップ!

機会があれば今度は他のメニューも味わってみたいと思います(^^)

#東京に行ってきました #東京駅ランチ #牛ヒレ丼

web-ya-kiyoshiさん(@web.ya.kiyoshi)がシェアした投稿 -

くいどころ里味 上越飯(いい)店「たれかつ丼とそばのセット」個室は人目が気にならず閉鎖感もナシ!

先日、上越市山麓線沿いにある「くいどころ里味」上越飯(いい)店さんに行ってきました(^▽^)

むかーーしは、上越エリアに里味さんは、直江津の1店舗だけでしたよね?

高田駅から車で10分ほどの場所にある里味さんは、靴を脱いで個室に上がると通路から中は見えづらいようになっていて、落ち着いて食事ができる造りになっていました(^o^)

一方で、窓の外の様子はよく見える席でしたよ。

さて、私が注文したのは「たれかつ丼」と「そば」のセットでした(^-^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170419000748j:plain

里味さんのそばは、昔から変わらぬ味ですよね。

かみ応えがある、コシの強い麺でした。

そしてたれかつ丼!

新潟名物でもあるたれかつ丼は、新潟市など下越地方には多くのお店がありますが、上越地方でたれかつ丼となると、味わえる場所は限られています(^^;)

(※上越エリアでたれかつ丼が食べられるお店をご存知の方は、教えてくださいね〜!)

タレが染みていて、薄めのお肉を包んでいる衣は、油っぽさがあまり強くないので食べやすいです。

甘みのあるタレで、ご飯も自然と進みます(^^)v

場所ですが、山麓線を進んで「飯(いい)」の交差点の場所にあります。

駐車場も数十台規模で停められるので、大きく混雑していなければ停めることは難しくありません。

新井方面からは大貫を進んでナルスやローソンを越えたあたりから、直江津方面からはサージやしまむらを越えたあたりから注意していると、見落とさずにたどり着けるのではないでしょうか。

午後の紅茶「いちごティー」はクリームを忘れるくらいがちょうど良い!?

先日、車で出かける用事があったので、ドライブのお供に午後の紅茶「いちごティー」をゲットしました(^▽^)

赤いデザインのペットボトルに、楽しげなキャラクターがクリームを忘れたと言っています(笑)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235610j:plain

飲んでみると、いちごのフレーバーがちょうどいい程度に効いていました。

いちごの甘酸っぱさは保ちつつ、紅茶の若干の渋さは残る程度の、ほんのり気持ちいい「いちご」っぽさがありました(^^)b

これはねぇ、クリームを忘れて良かったかも知れませんよ(笑)

いやいや、クリームがあっても悪いと言うことはありません。

甘いモノを追求したい方には自由ですが、ドライブや行楽のお供となると、コレくらいの甘み・酸味・渋みのマッチ具合がいいのかも知れません(^▽^)

上越市春日山「フルット」はパスタや前菜がおしゃれ!パーティーや記念日にどうぞ(^o^)

冬のある日、上越市にある洋食店「フルット」さんに行ってきました(^▽^)

お店の前に数台分の駐車場があって、入ってみると、優しい照明で落ち着いた雰囲気の店内でした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235313j:plain

出てきたメニューも、見た目からしてとってもオシャレ(^o^)

ももちろん良かったのですが、落ち着いた雰囲気を楽しみたい方にもオススメかも知れません。

私が行ったのは平日でしたが、土日なら、予約をしてから行ったほうがいいかもしれません。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235536j:plain

私が行ったときに、ちょうど隣のテーブルのお客さんが、パートナーの方のお誕生日を祝っていたようでした(^▽^)

照明がちょっとだけ弱まったかと思ったら、ハッピーバースデーの曲とともに、店員さんがデザートを持って来てくれていましたよ。

仲の良い人とのパーティーや記念日のお祝いなどにもオススメしたいお店です。

場所は、春日山駅から車で5分弱ほどの場所。

山麓線沿いにすき家さんがありますよね?

あの近くのお店です(^-^)

ちなみに、私が行ったときは念のためで予約をして行ったのですが、帰りのレジでのお会計で予約カードなるものをいただきました。

私が行った日にもらった予約カードは、2枚でお好きなデザート1個と交換でき、予約カード5枚だとお好きなピッツァ1枚と交換できるというもの。

ランチは11時から15時、ディナーは17時30分から23時で、火曜日が定休日だそう。

お誕生日や記念日などのお祝い用ケーキも予算に応じて用意してくださるそうなので、ご予約の場合は参考にされてみては(^-^)

JR池袋駅南口から徒歩2分ほど!「一軒め酒場 池袋南口店」は気軽にお酒&単品メニューで楽しめます!

先日、私用で東京に行ってきました。

これまでも何度か東京に行く用事はありましたが、2015年3月に北陸新幹線が開通してからは、東京方面にも活きやすくなりましたね(^▽^)

上越エリアに住んでいて東京に行く場合は、長野駅まで行って長野新幹線に乗るか、長岡や越後湯沢まで行って上越新幹線にのるという、ちょっと遠回りなパターンでした(^^;)

それが、上越妙高駅ができたことで、東京駅まで乗り換え無しで、2時間弱で行けるようになりましたからね〜( ̄ー ̄)

便利になりました。

さて、今回立ち寄ったのは池袋です!

「一軒め酒場」さんの看板が目に入ったので、入ってみることにしました(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418234943j:plain

私が行ったときはまだ冬だったこともあって、お店の中に入るだけでふんわり暖かくなってきました。

なるほど、お店の名前の通りというべきか、1軒目でまずお腹を満たそうとするお客さんにも満足できそうな、豊富な種類のメニューがありました(^-^)

ちなみに、私が一軒め酒場さんに行ったとき、近くの席で学生風の女子会メンバーの皆さんが談笑していました。

「30代を過ぎた男の人で、イケメンなんていないよね、アハハハハ〜(^o^)」

楽しそうでしたが、お店にいた30代以上のイケメンなお客さんたちに聞こえていなかったことを祈ります(笑)

飲み物はビールはもちろん、サワーなど一般的なチェーン店の居酒屋さんでも飲めそうな種類のものはありました。

食べ物も、お肉やお魚系のメニューのほか、居酒屋ではよく見かける「めんたい系」のメニューや、野菜系など、1品あたり1コイン(500円)以下で食べられるメニューもあったので、気軽に入れるお店だと思います。

みんながガヤガヤしながら同じテーブルを囲うような席に座っているスペースもあったりするので、一人居酒屋が好きな方にも抵抗なく入っていける雰囲気だと思います(^^)b

f:id:myoko-joetsu-diary:20170418235013j:plain

場所はですね、池袋駅の「南口」って言えば良いのかな?

南口の改札を出て、駅を背にしてまっすぐ1分ちょっと進むと「一軒め酒場」の看板が目に入ってくるのではないかな、とおもいます。

見当たらなかったらゴメンなさい、Googleマップを参考にしつつ、こんど池袋に行かれる際に足を運んでみてはいかがでしょうか(^▽^)