妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

上越市大道福田・あるるんの杜にあるレストラン「六花の里」でビュッフェしてきました( ^∀^)!

先日、上越市にある「あるるんの杜」さんに行きました(⌒▽⌒)

ちょうどお昼時で、中にあるレストラン「六花の里(りっかのさと)」さんでビュッフェをいただいてきました。

中にはお米から麺類、野菜、お肉、大豆製品、グラタンなど、様々な種類のメニューがありました。

席に案内され、お盆やお皿を持ちながら、なるべく少量で多くの種類をとりました(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170822233705j:plain

六花の里さんがこだわっているのは「地元産の食材」を使っているということ。

上越市をはじめ近隣のエリアでとれた食材を中心に、ビュッフェのメニューを提供されているのだそうです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170822233724j:plain

また、上越オリジナルブランドの豚肉「米っしぃポーク」を使っているのも、こちらのウリのようで(^^)

素材からのこだわりが溢れており、また、ビュッフェメニューのそれぞれの色鮮やかさも印象的でした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170822233819j:plain

こちらのカレーにしても、お米はもちろん上越近隣でとれたお米です。

サラダボウルのにんじんも美味しそうな彩りですし、葉物野菜の緑にも新鮮さを感じます(^-^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170822233833j:plain

焼いたり、炒めたり、和えたり。

こだわりの地元産食材を調理して出してくださったスタッフの方にも、1品1品のこだわりを感じます。

デザートもいただきました。

手前にあるのは黒ごまプリンです( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170822233845j:plain

こうしてみると、上越産の食材を使って、幅広いメニューが作れるんだなぁと感じます。

それだけ、幅広い分野の「地元産食材」が、上越の地に根付いているということなのかもしれません(^-^)

また、各テーブルには、アンケート用紙を立てておくプラスチック製のスタンドの脇の部分に、店員産からの手書きメッセージが書かれているのも印象的でした。

「今が旬の@@は栄養価も高くて…」とか。

「甘みがあって歯ごたえも良くオススメです!」とか(^^)

「愛情を込めて作った野菜です」とかね。

アクセス:六花の里(あるるんの森 内)

六花の里さんの場所はこちら。

気をつけたいのが、こちらを目指すなら「旬菜交流館あるるん畑」ではなく「あるるんの杜」を目指すというところです。

前者は上越総合病院の近くにありますが、六花の里さんのある「あるるんの杜」は、ジョイフィットさんやアルカディアさんの向かいにあります。

ホームページ:六花の里(あるるんの森 内)

あるるんの杜さんのホームページはこちらです。

arurun-mori.jp

また、今回伺ったレストラン「六花の里」さんのページはこちらです。

arurun-mori.jp