妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

妙高高原「もちや菓子舗」の米粉バターシフォンは妙高あっぱれ逸品認定品( ̄▽ ̄)ふんわり柔らかでした!

先日、妙高高原「もちや菓子舗」さんの米粉バターシフォン」をいただきました(⌒▽⌒)

箱には、いもり池からでしょうか、妙高山を撮影した写真も添えられていました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814234937j:plain

米粉として使われているお米は、もちろん新潟県コシヒカリです!

……ん??

箱の中央あたりに、金色のステッカーが貼られています。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814234952j:plain

よく見てみると、「あっぱれ逸品認定品」と書かれています。

調べたところによると、これは妙高で生まれた安全・安心な地場産品を意味するそうで、お菓子や麺、お酒、調味料、さらには工芸品まで、たくさんの製品のラインナップが見られます。

詳細は下記のリンクからご覧になってはいかがでしょうか(^-^)

http://www.myoko-appare.jp/

さて。

米粉バターシフォンの箱をとって、いよいよ中身を見てみましょう!!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235021j:plain

ほんのり上部も焼き色がついた、シフォンケーキが出てきました。

大人の手のひらを広げて、ようやくある程度を覆い隠せるかどうかと言ったところ。

じーっと近づいて行くと、スポンジ部分の「きめ細かさ」が感じられます( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235118j:plain

側面は、上部よりも焼き色が強めかな、ほんのりきつね色になっていました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235132j:plain

さて、さらに米粉バターシフォンを切って、断面をじっくり見て見ましょう(^o^)

柔らかさ、写真からでも伝わっているでしょうか…?

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235145j:plain

真横から撮影してみると、側面の焼き色との違いがハッキリわかりますね(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235159j:plain

ようやく一口食べてみる前に、軽く「つまむ」ようにして、米粉バターシフォンを持ってみました。

ふんわりしていて、とっても柔らかい!!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170814235235j:plain

このつまんだ状態の米粉バターシフォンの手を離すと、完全にではないながらも押し戻ってくるほどの弾力がありました( ^∀^)

いよいよ食べてみると、ほんのりとした甘味と一緒にふわふわ感を味わうことができました。

お好みでジャムやクリームなどをつけてみると、また違った味わい方ができそうです(^^)b

ホームページ:もちや菓子舗

もちや菓子舗さんのホームページはこちら。

今回ご紹介した米粉バターシフォンのほかにも、さくさんのお菓子を扱われています(^^)v

http://www.mochiyakashiho.sakura.ne.jp/

アクセス:もちや菓子舗

もちや菓子舗さんの場所はこちら。

妙高温泉の旅館や民家の中にあります(^^)