妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

長岡市「江口だんご」和風パフェを食べたお店は大きな「だんごのオブジェ」が目印です( ̄▽ ̄)

2017年の夏のある日。

長岡市にある「江口だんご」さんに行ってきました(⌒▽⌒)

いただいたのは、栗やフルーツ、白玉、アイスクリームなどで彩られた「和風パフェ」です!

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222314j:plain

長岡市の「江口だんご」さんのお店は、

「道路沿いの、だんごのオブジェが目印」

という情報を、行く前に聞いていました。

「だんごのオブジェって言っても、そう言うのが仮にあっても、そう簡単に分かるわけが……、」

あったんですΣ(・□・;)!!

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222327j:plain

大きくて分かりやすいだんごでした(笑)

あとは、お店に向かう道路を注意深く見ていけば、おそらく見つかるのではないでしょうか。

ちなみに、江口だんごさんのお店の駐車場から見ただんごのオブジェは、このような感じです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222338j:plain

さて、その駐車場を振り向いてすぐの場所に、江口だんごさんの「のれん」があります。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222348j:plain

こちらをくぐると、昔ながらの日本庭園のような風景がありました。

私がお店に行った当日は日差しも強く、夏ならではといった気温でした( ̄▽ ̄;)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222403j:plain

日陰をたどりながら進める通路もあったほか、途中に設けられていたのはベンチ。

庭園の雰囲気を楽しみたいお客さんや、1階の売店を利用された後に休憩しているお客さんを見かけたりもしました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222417j:plain

さて、のれんを数十メートルほど進むと、見えてきたのが江口だんごさんの入り口です。

昔ながらの雰囲気に、タイムスリップしたような感覚にもなります。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222428j:plain

入り口から少しだけのぞいてみると、足元には灯籠(とうろう)のような明かりが。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222440j:plain

夕方や夜頃にこれを見たら、旅館の玄関のような感覚になりそうですね( ^∀^)

この入り口を通って中に入ると、1階には、江口だんごさんで作られているお菓子が販売されています。

だんご、お餅、他にも様々な和菓子がありました( ^∀^)

さて、私が今回「和風パフェ」をいただいた喫茶店のスペースは、こちらの建物の2階にありました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222500j:plain

パフェには、栗やさくらんぼ、キウイ、白玉などの上に、濃厚そうなソフトクリームが乗っていました。

両側の、翼のようなチョコレートと、サクサクのパイ生地もいい感じですね( ^∀^)

パイ生地でソフトクリームをすくって食べるのも良いですね〜。

栗とソフトクリームを一緒にスプーンですくうと、こんな感じでした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171028222512j:plain

パフェの栗も、表面が輝いていて、まるで栗でないような錯覚を持ったほど。

パフェ全体でいろいろな味わい方ができて、とても楽しくいただくことができました(⌒▽⌒)

アクセス:江口だんご

江口だんごさんの場所はこちらです。

国道8号線の長岡バイパスを進んでいけば、きっと「だんごのオブジェ」が見つかると思います。

高速道路にも近く、大積SAと直線距離では近い場所にあります。