妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

上越大通り沿い「丸亀製麺 上越店」で久々の「明太釜玉うどんwith生卵」と「かしわ・なす・れんこん」の天ぷら( ̄▽ ̄)

先日、上越市高田駅の近くで用事があり、終了がちょうどお昼ご飯の時間帯でした。

なので、ふと思い立って、上越市土橋(上越大通り沿い)にある丸亀製麺さんに寄りました(⌒▽⌒)

丸亀製麺さんに行くと、いつも私が注文するのが「明太釜玉うどん」です!

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107233743j:plain

しかも、生卵か温泉卵かで選べる場合は、いつも「生卵」を選んできました(^^)

「並」か「大」かはその日次第で。

でも大体は「並」でしたね〜。

上の写真の通り、「天ぷら」も注文することが多いもので(^^)

メニューの注文の仕方は、「学食」形式というか、「自然の家」みたいというか、調理場を囲むように通路ができていて、

(1)まず「うどん」を注文する

(2)好みに応じて「サイドメニュー」を注文する

というスタイルでした。

私がこの日選んだのは、「明太釜玉うどん(並・生卵)」でした( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234149j:plain

太めで角ばった麺の上に、「明太」とのりが乗っています。

添えられている「天かす」「ねぎ」は、うどんの注文後にお好みで利用できました。

アングルを変えて、寄ってみます。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234205j:plain

のりの陰から見える明太。

私たちが白いご飯に一切れ乗せて食べるような形状ではなく、何というか、ペーストのような状態です( ^∀^)

この明太にも、味付けがされているのかな?

茹で上がったうどんに乗せる訳ですからね(^-^)

さて、ここで一旦、「天ぷら」に目を向けてみましょう(^o^)

今回私が注文したのはコチラ。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234222j:plain

手前から「かしわ天(鶏肉の天ぷら)」「なす天」そして「れんこん天」です。

アングルを変えて、れんこんをメインにしてみましょうか(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234245j:plain

かしわ天は鶏肉が引き締まっており、なすやれんこんも野菜本来の水分があってハリがありました( ^∀^)

さぁ、再び明太釜玉うどんに戻ります(⌒▽⌒)

明太釜玉うどんを味わうときには、テーブルに備えられている「だししょうゆ」を使います。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234304j:plain

「だししょうゆ」の分量はお好みで(^^;)

明太にも味はあるので、最初は少しずつかけながら様子を見るのがオススメです。

そして「だししょうゆ」をかけると、このようになりました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234318j:plain

これを、はしでゆっくり混ぜていく訳ですね(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234334j:plain

最初は明太があんまり離れずにいますが、明太が均等にうどんと混ざり合うように意識すれば、他の具も自然と混ざり合っていくと思います。

アングルを変えて、こちら。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234349j:plain

混ざり合ったうどんをいただくと、明太の絶妙な塩辛さや、生卵のまろやかさがあいまって、どんどん箸が進みました( ̄▽ ̄)

ちなみに。

私は過去に、高田にあるこの丸亀製麺上越店さん以外にも、別の店舗に通っていたこともありました。

それが、長野県の松本村井店さんと、塩尻店さん(2017年11月時点で閉店を確認)です( ̄▽ ̄)!

過去の釜玉うどん:丸亀製麺 松本村井店&塩尻

順に振り返っていきます!

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234630j:plain

けっこう昔の写真、ちょっとボケていますね(^^;)

この頃から「かしわ天」や「なす天」をいただいていました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234640j:plain

こちらも、明太釜玉うどんに添えられているのは「かしわ天」と「なす天」でした。

なすの天ぷらも、表面の紫色が多いものと、そうでないものとで食感が微妙に異なると感じるのは、私だけでしょうか(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234650j:plain

この日は、明太釜玉うどんの隣に、かしわ、なす、そして「いか天」がありましたね。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234706j:plain

こちら、うどんの上の明太が鮮やかなピンク色ですね( ̄▽ ̄)

しかし、お冷がどうして2個もあるのでしょう(笑)??

2つとも飲んだのかな?

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234722j:plain

こちらもなぜか、お冷が1つのお盆に2個乗っています(笑)

「ちくわ天」の手前に「お年賀クーポン」があるということは、年末年始の時期に行った時のもののようです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234733j:plain

この日の明太釜玉うどんと一緒にあったのは「かしわ天」と「ちくわ天」でした。

ちなみに「ちくわ天」は、とある方のオススメメニューだそうです(^^)v

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234749j:plain

この日は「かしわ天」と「なす天」でしたね( ^∀^)

しかし、明太と生卵が写真の奥の方にいってしまっています。

アングル的に、手前になるようにおいた方が良かったですね…、反省です(^^;)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234759j:plain

あ、この日はお冷ではなく「お茶」ですね( ̄▽ ̄)!!

明太もうどんの中央にありますし、あとは卵が手前に来ると、バランスとしてはもっと良かったのかなと思います(^^;)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234809j:plain

と思ったら、再び「お冷」に戻っていました…。

お茶の時は冬で、春になっって久しぶりに行ったから「お冷」だったのかな??

「かしわ天」「なす天」とともにお皿に乗っている細長いのは「いか天」のようですね( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234828j:plain

またお冷が2個あります!!

もしかして、季節は夏へと移り変わったのでしょうか??

天ぷらは、おなじみの「かしわ天」「なす天」とともに「えび天」がありますね( ̄▽ ̄)

明太釜玉うどんには、ごまがかけられています。

f:id:myoko-joetsu-diary:20171107234840j:plain

そして、ラストは明太釜玉うどんの「天かす」「ねぎ」乗せのみ、です。

気になるのが、うどんのどんぶりの陰にある「ヤバイ辞典」!!

そこには、どんなヤバイことが書かれていたのでしょうか…( ̄▽ ̄)!?

 

これらは、あんまり短期間で通いつめた訳ではないですよ(^^;)

数年間にわたって、何ヶ月置きかに1回ずつ来店して、その積み重ねで「けっこうな枚数」になったというだけです、念のため。

さて。

皆さんは、丸亀製麺さんのどんなうどんが好きですか( ^∀^)??