妙高・上越グルメ日記

新潟県妙高市・上越市周辺の「おいしいもの」をご紹介するグルメ日記です!

セブンイレブン「ミックス野菜サラダ」をより美味しく味わうことにチャレンジした件( ^∀^)

セブンイレブン「ミックス野菜サラダ」という商品がありますね(^^)

私もいただく機会が多いです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170903233746j:plain

お好みのドレッシングをかけていただくことも多いのですが、今回はふと思い立ち、

「何もかけないうちに、これだけで美味しく見せる工夫はできないかな?」

と思い立ちました( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170903233802j:plain

確かに、これはこれで美味しそう(⌒▽⌒)

でも、ドレッシングや他の素材を加えずに、ミックス野菜サラダのみで、より美味しく見せる工夫はできないものか。

考えた結果、こうしてみることにしました(^^)v

f:id:myoko-joetsu-diary:20170903233822j:plain

ちょっと、雰囲気変わりませんか( ^∀^)??

変更点は、主に2つです!

1つ目は、キャベツを中心に野菜の盛り方を変えてサラダに「高さ」を出した点です。

フタを開けたばかりのミックス野菜サラダは、彩り鮮やかな野菜があって美味しそうです。

でも、後者のように盛り方を変化させて「高さ」を出すことで、少しだけ「自然に盛られた感じ」が出ていないでしょうか?

2つ目は、写真の中に「なるべく多くの色」を写り込むようにした点です。

前者の写真から後者の写真にするにあたって、まず、真ん中あたりに集中していた「にんじん」を、まんべんなく散らすように配置してみました。

次に、パックのフチでそっぽを向いていたブロッコリーも写真写りを意識して、株の部分を手前に配置。

コーンはあえて散らさず、1ヶ所にまとめてみました。

紫キャベツも、色味の部分が見えやすいように、高さを出したあたりに散りばめてみました(^^)

いかがでしょう?

日ごろ何気なく食べているものでも、工夫次第でいくらでも、より美味しそうに見せることはできると思います。

皆さんなら、どんな風に美味しく見せますか(^o^)??

新潟駅万代口側「アーラ カフェ ダイニング」のヒュリカカレーは管理人のInstagramのフォロワーさんオススメ( ̄▽ ̄)次こそは行ってみたい…!

私はInstagram(インスタグラム)でも、グルメ情報を随時更新しています(⌒▽⌒)

www.instagram.com

そちらのフォロワーさん達に以前、

新潟市中央区に行く用事があるのですが、用事を終えたら新潟駅前で美味しいものをいただきたいと思います!」

「オススメのお店はありますか〜!?」

と質問したところ、何件かの答えが返ってきました。

その中で、とあるフォロワーさんから真っ先にお返事をいただいたのが「アーラ カフェ ダイニング」さんでした。

ala.owst.jp

住所を頼りにGoogleマップを見ながら行ってみると、どうも人の気配がありません…。

「おかしいなぁ…、今はもう営業時間始まっているはずだけど…」

そう思っていましたが、お店までたどり着けず…。

調べた限りの情報によると、どうやら「休業日」のようでした。

臨時のものなのか、あるいはWebに掲載されていないタイミングで休業になったのか、詳しいことはわかりません。

ただ、グルメ好きなInstagramのフォロワーさんが勧めてくださったお店なだけに、悔しい……( ̄▽ ̄)!

残念だったので、お店の入っているビルの外の通りから、カレーのPOPを1枚!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170901234008j:plain

次のチャンスには行ってみたいと思います!!

アクセス:アーラ カフェ ダイニング

アーラ カフェ ダイニングさんの場所はこちら。

あとは、エレベーターで階数に注意して行かれてみてください(^^)

私もいずれまたチャレンジしたいと思います。

新潟駅万代口側「Ajiの極」A-5ランクのお肉を使ったランチ「村上牛のカルビ丼」いただきました( ^∀^)!!

先日、JR新潟駅万代口側にある焼肉店「Ajiの極(あじのきわみ)」さんに行ってきました(⌒▽⌒)

こちらのお店、17時以降のディナーでももちろん営業されているかたわら、ランチの営業もされているようでした。

メニューの中から私が選んだのは「村上牛のカルビ丼」でした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170901230958j:plain

ほど良く焼けた村上牛のカルビが、甘辛いタレにからまって、美味しそうな良い香りです。

レタスとごまドレッシングのサラダに、あっさりとしたスープも良いバランスです。

もしかしたらサラダやスープも、少し形を変えて夜のメニューにも出ていたりするのかな??

もう少し、村上牛のカルビ丼に寄ってみましょう!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170901231016j:plain

ご飯と村上牛カルビの間には「のり」も乗っています。

タレでしょうか、ご飯の蒸気によるものでしょうか、のりがしんなりしていて、カルビ&ご飯で一緒に食べたら絶妙でした( ^∀^)!

さて、もう少し村上牛のカルビ丼による前に、お水をどうぞ(^^)b

f:id:myoko-joetsu-diary:20170901231030j:plain

テーブルを見てみると、メニュー立てやアンケート用紙のそばに、村上牛の個体識別番号が記され、あわせて肉のトレーサビリティの説明も。

「しっかり管理・育成された上質の村上牛を出していますよ」

というのがうかがえますね。

店内を見渡してみると、有名人さん達のサイン色紙もたくさん並べてありました( ^∀^)

また、色紙より1周り大きめの店内POPには、焼肉のセットメニューやユッケなどの人気メニューが、おいしさも伝わってきそうな解像度で掲載されていましたよ〜。

さぁ、引っ張ったところで村上牛のカルビ丼にフォーカスしてみます!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170901231112j:plain

脂身も多くなく、ホントに「適度に脂が乗っている」というのは個人的な感想でした。

タレがしみているご飯を、白い部分と混ぜてもよし、村上牛カルビと一緒にいただくもよし!

他にも、店内に入る前にブラックボードに白ペンで書かれた「オススメランチメニュー」に色々書いてある場合があるかもしれません。

皆さんのお好みの味わい方で楽しんでみてください(⌒▽⌒)

アクセス:Ajiの極

Ajiの極さんの場所はこちら。

近くは一方通行の道も多いので、車で行かれる方は特に注意してください。

新潟駅からなるべく近くに駐車して、あとは歩いて向かうのが良いかと思います(^^)

あ、そうそう、私が行った時は「定休日:不定休」とのことでしたので、事前に確認してから行かれるのをオススメします!

新潟市古町「&sweets(アンドスイーツ)」アイスコーヒーが飲みたくて立ち寄ったお店( ̄▽ ̄)ロゴの遊び心が良い感じ!

先日、新潟市の古町に行く用事がありました(⌒▽⌒)

有名な「ドカベンの像」も健在でした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170830232908j:plain

さて、ここから新潟駅やバイパス方面に行こうと思っていたのですが、暑かったこともあり、冷たい飲み物が欲しくなりました。

コンビニエンスストアもいいけれど…」と思っていたところに、目に入って来たのがこの「&sweets(アンドスイーツ)」さんというお店でした( ^∀^)

私が注文したのはアイスコーヒーです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170830232922j:plain

この、ロゴの「あっかんべー」みたいに見える感じがイイですね!

遊び心があると言うか、ふと見て「ん?何だコレ」と目を引きます( ^∀^)

この日に私が注文したのはアイスコーヒーのみでしたが、デザート系もあるようです。

フルーツやジェラート、クリームなど「洋風」っぽいものもあれば、じゃがいもやさつまいもを使ったユニークなメニューもあるんですね〜( ̄▽ ̄)

次の機会には、美味しそうなスイーツをいただいて見たいなと思います(^-^)

アクセス:&sweets

sweetsさんの場所はこちら。

第四銀行さんの本店がある「東堀」という交差点を、南方向に100メートルほど進んだところにあります。

お店は決して広いとは言えませんが、店内はとてもオシャレな雰囲気でした(^-^)

ホームーページ:&sweets

sweetsさんのホームページはこちらです。

http://ando.space/

サッポロビールを生み出した新潟県人!?「風味爽快ニシテ」を飲みました( ^∀^)

これまでも私は、サッカーのアルビレックス新潟が試合に勝利した日の夜などは、この新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」を飲んで祝杯をあげたりしました(⌒▽⌒)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170830231335j:plain

過去にも「勝ちの種」とのセットで記事にしたこともありましたっけ。

コチラですね。

myoko-joetsu-diary.hatenablog.com

さて。

風味爽快ニシテをつくっているサッポロビールさん。

その名前からして、北海道の札幌がルーツかと思いきや、それだけでもないようです(^^)

風味爽快ニシテの缶に書かれているのが、そのトリビアです。

現在は長岡市の一部となっている旧・与板町出身の中川清兵衛さんという方が、ドイツで学んだ醸造技術を元にして、サッポロビールの前身である「開拓し麦酒製造所」という場所で完成させたのがルーツになっているのだとか。

そして、風味爽快ニシテという商品名は、当時のビールの味について表現した広告文なのだとか。

いま風に言うなら「キャッチコピー」と言うことでしょうか( ^∀^)??

なんだか、数十年に及ぶ長い歴史を感じますね。

次はまた、アルビレックス新潟勝利で美味しいお酒を飲みたいと思います!

www.web-myoko.net

イルミネーションを見に行った日に「休暇村妙高」で味わった会席コースメニュー(⌒▽⌒)

先日、妙高市にある「アパリゾート上越妙高さんのイルミネーションを見てきました(⌒▽⌒)

その日は帰りも遅かったこともあり、同じく妙高市内にある「休暇村妙高さんで宿泊をしました。

私が行ったのは夏のある日のこと。

その時に休暇村妙高さんでいただいた「会席コース」のお料理がとても美味しかったです( ^∀^)

(※私が訪れた時のお料理ですので、あしからず……。)

1日目:会席コースのお料理

まずテーブルの前に運ばれたのが「前菜」と「焼物」でした。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170619j:plain

おしながきを見てみると、妙高産の野菜など、地元食材が多く使われているところに目を引かれます。

例えばこちらの前菜の、右側の器のトマトも妙高産なのだそう(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170638j:plain

続いては、冷鉢の「焼きなす茶巾」というお料理。

なかなか普段は目にする機会がないので、新鮮な感じがします。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170657j:plain

お刺身はさすがに海のものでしょう(^^;)

でも、添えられている「青じそわさび」は、おしながきによると妙高産だといいます。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170711j:plain

と、1つずつ食べ進めていると、焼物の焼き具合が良い感じになってきました( ^∀^)

柑橘系の香りが漂う「金目鯛のレモンバジル焼」は、エリンギもついています。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170750j:plain

洋皿では、サラダが運ばれてきました。

牛肉は「蒲原牛」だそうですが、黒酢ごまドレッシングには妙高名物のかんずりも入っているのだそうです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170807j:plain

さて、ご飯などの炭水化物系や汁物、デザートなどはミニバイキングで自由にいただくことができました。

ご飯ものも気になりましたが、あごだしの「うどん」も興味を引かれたので、そちらをチョイス(^^)b

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170830j:plain

うどんを席に持って帰って食べていると、揚物もでてきました。

「鰈(かれい)の唐揚げ」「オクラ肉詰め揚げ」とのことですが、こちらが「カレー味噌」で味付けされているということで、出てきた瞬間にカレーの香ばしい風味が漂いました( ^∀^)

お子さんにも人気なのかなぁと思ってしまいます。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170901j:plain

さて、ミニバイキングには結構な種類のデザートも見かけました。

私がチョイスしたのは、まずは「アイスクリーム(バニラ&抹茶)」です。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170927j:plain

アイスは、私が行った時は他にも種類がありました。

そして一口大のケーキや、フルーツまで(⌒▽⌒)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915170942j:plain

多くの種類のお料理をいただくことができ、とっても満足させていただきました( ^∀^)

美味しいお料理を楽しみ終えると、ちょうど日も暮れて、程よい暗さになってきました。

夏でしたからね、この日は(^^)

そこで、いよいよイルミネーション会場へ。

休暇村妙高さんからイルミネーション会場へは、車で20分ほどで到着!

イルミネーションを楽しんできた時の記事は、また別の機会にでも(^-^)

2日目:部屋から見えた妙高山の風景

休暇村妙高さんのお部屋に宿泊し、朝を迎えると、越後富士とも呼ばれる妙高山を、かなり近くに見られました。

若干の雲はありましたが、妙高山の稜線は割とハッキリ見えているでしょうか(^^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915171032j:plain

綺麗な風景に心癒されて、朝食のバイキングをいただいてきました( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170915171014j:plain

2日間を通じて、楽しい思い出のできた宿泊となりました。

アクセス:休暇村妙高

休暇村妙高さんの場所はこちら。

妙高市関山の「関・燕入口」の交差点を西側に曲がって、あとは道なりに登っていくと到着できるかと思います。

妙高カントリークラブさんや、妙高スキーパークさんの近くにあります(^^)b

ホームページ:休暇村妙高

休暇村妙高さんのホームページはこちらです。

www.qkamura.or.jp

新潟名物「栃尾の油揚げ」ネギ&生姜かそれとも納豆か…( ̄▽ ̄)

長岡市栃尾という地域には、新潟名物として知られる「油揚げ」があります。

それがこちら!

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829232536j:plain

新潟県内のセブンイレブンさんで時おり販売されるこの油揚げ、私も年に1〜2回ほど、ビールのつまみなどとしていただいています(⌒▽⌒)

油揚げの上には、輪切りにしたネギと、少々の生姜も乗せて、醤油をかけていただきます。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829232552j:plain

こんがり焼き色のついている表面は、ほんのちょっと「張り」があるというか、焼いたことによって表面が引き締まったような食感がありました。

その一方で、中身の白い部分はふっくら。

醤油が適度にしみ込んで、とても良い味わいです( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829232605j:plain

ちょっと「す」のようなというか、旨味が入り込む隙間があるから、醤油と絡み合って相性が良いのでしょうか。

あと、一部では栃尾の油揚げ「納豆」を乗せて食べる方式もあるのだとか( ̄▽ ̄)

色々な味わい方があるんですね〜。

ビッグスワンのスタジアムグルメ「からマヨ丼」は衣が少しふんわりした感じ( ^∀^)脂っこさもあまり無く食べやすかったです!

ビッグスワンスタジアムでサッカーのアルビレックス新潟の試合を観戦するとき、スタジアム内には様々な屋台が建っています。

数万名単位の観客や試合に関わる方々のお腹を満たすために、様々な種類のスタジアムグルメが用意されています( ^∀^)

その中の、こちら「からマヨ丼」も、その一つです(⌒▽⌒)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829231342j:plain

ご飯の上に、唐揚げとマヨネーズが乗っている、シンプルな丼メニューです。

ただ、食べて見ると、唐揚げの衣は「サクサク」というより「ふわふわ」とした食感もあり、ちょっと不思議な感じがしました。

個人の感想ですが、マヨネーズも適量で、あんまり脂っこさを感じませんでした。

どうしても炭水化物や脂質が気になる場合は、試合後に野菜多めの食事をとるなど、調整すれば良いかも(^^)

スタジアムグルメを食べて、皆さんも応援しましょう!!

www.web-myoko.net

長野市「炭火焼きちどり」居酒屋ランチの「上田福味鷄のふわっとろっ親子丼」は卵がふわっふわ( ̄▽ ̄)

長野市に行ってきたある日のこと。

www.web-myoko.net

ランチはどこにしようかなと長野駅前を探していたところ、あるお店の看板が目にとまりました。

紫色の幕をかかげているこのお店は、ランチで「ふわとろ福味鷄の親子丼」が食べられるそう。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829001444j:plain

さっそく入ってみました!

店内は、夜は居酒屋としても利用できるようで、一部の平日のお昼には、このようにランチとしても営業されているのだとか。

私がお店に入って注文したのは、看板にも書かれていた「上田福味鷄のふわっとろっ親子丼」です(⌒▽⌒)

気温の高い日だったので、お店に入って何か冷たい飲み物が欲しいなぁと、ジャスミン茶なども選べるセルフのお茶コーナーへ足を運びました。

お茶を選んで、席に戻った頃にはもう、親子丼が運ばれてきていました。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829001513j:plain

ご飯に覆いかぶさるように、黄色い卵が乗っています。

半熟の部分のとろとろ感が何ともたまりません。

鶏肉も、皮の部分に適度に脂が乗っていて美味しそう( ^∀^)

もう少しだけ、親子丼に寄せて1枚。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170829001535j:plain

親子丼を上から、箸で触れてみると、ふわふわとした感触が心地よいです(^^)

口に運んでみると卵独特の甘みがあって、箸が進み、すんなりと1杯食べきることができました。

アクセス:炭火焼きちどり

炭火焼きちどりさんの場所はこちら。

長野駅から善光寺方面に進んで「新田町」という交差点のすぐそばにあります。

みずほ銀行さんのすぐ隣ですね(^^)

ブログ:炭火焼きちどり

炭火焼きちどりさんは、ブログも随時更新されているようです。

sumichidori.at.webry.info

長野TOiGO内「信州あづみの ぱんのわ」チョコチップのパン&アイスコーヒーでしばしの休息( ̄▽ ̄)善光寺から歩いて約15分ほど!

それは、私が以前に長野市にお勉強をしに行った日のこと。

www.web-myoko.net

長野市TOiGOという商業施設にあるパン店「信州あづみの ぱんのわ」さんに入った時のことです(⌒▽⌒)

ちょうど次の予定まですこし時間があったので、こちらのお店で休息を兼ねて、甘いものを食べようかなという気分になりました。

私が注文したのはチョコチップのパンと、アイスコーヒーです(⌒▽⌒)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170827233737j:plain

上部に十字の切れ目があり、その中にチョコチップとスライスアーモンドが載っているパンは、きつね色に焼けています。

また、透明な氷が浮かんだブラックのアイスコーヒーは、透明な容器の表面に水滴が付いているだけでその冷たさを感じられるほど、初夏から夏にかけて「重要アイテム」とも言えます( ^∀^)

パンの生地もふっくらした感じです。

f:id:myoko-joetsu-diary:20170827233719j:plain

内部はどんな感じなのでしょう?

ちょっとだけ割って、中を見て見ましょう( ^∀^)

f:id:myoko-joetsu-diary:20170827233754j:plain

中にも結構な量の、サイコロ状のチョコチップが入っていて、チョコ好きな方にはたまらない作りになっています。

ほかにも、クリームなどの甘い系のパンや、お惣菜などを挟んだパンもあり、軽食にもランチにも利用できそうです( ^∀^)

アクセス:信州あづみの ぱんのわ

「信州あづみの ぱんのわ」さんの場所はこちら。

JR長野駅の北側「善光寺口」を出て、善光寺めがけてまっすぐ歩いて進んでいくと、TOiGOの建物があります。

その中の1階に「信州あづみの ぱんのわ」さんが入っています。

ホームページ:信州あづみの ぱんのわ

「信州あづみの ぱんのわ」さんのホームページはこちら。

www.trattoriaforza.com

そして、店舗に関する情報は、TOiGOのサイト内にも掲載されています。

www.toigo.co.jp